いたち駆除を自分で行うには - ねこ撃退のネックは縄張り意識の強さ

いたち駆除を自分で行うには

いたちは成獣の場合、オスでは30〜40?体重約450g、メスでは20〜30?で体重が約150g程度のサイズにまで成長します。

特徴として俊敏性、警戒性、凶暴性が高く、鋭い歯を持つことから、駆除をする場合には、できれば専門業者への依頼がベストな方法となります。
いたち駆除を自分で行う場合には、まず、調査をする必要があり、家の周りや実際に家屋内で見つけた場合には慌てずに生態状況の把握をすることが第一歩となります。


方法としてはカメラやセンサー等を利用した観察、侵入箇所や痕跡の確認、体毛や糞、足跡などによる特定などがあり、概ね判明ができたならば具体的な対策を講じることになります。
実際のいたち駆除においては、捕獲が第1のステップになります。



一般的に使用されているものとしては捕獲ゲージやドラム缶捕獲機があり、ドラム式はゲージタイプよりも強度の面で強いというメリットがあります。ただ、捕獲はいたちが警戒して出てこなければ効果がなく、この場合、煙霧剤で煙を焚くなど、巣から追い出す方法を用いる必要があります。


第2ステップとしては捕獲後において再び寄せ付けないことがあります。


いたち駆除では捕獲後の処理が重要になり、忌避対策としては、嗅覚忌避剤や、フラッシュのような発行体の設置、撃退超音波装置、いたちが嫌いな臭いの付いたものを置くなどの方法があります。

また、侵入口を塞いでおくことも忘れずに行う必要があります。いたちは、市販の商品を利用することで対応が可能となりますが、ネズミとは異なりサイズが大きいことや、持っている習性から素人ではなかなか手に負えない面もあります。

goo ニュースの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

その場合には専門業者に依頼をすることになり、より確実な成果を得ることができます。