家と健康を守るためのいたち駆除 - ねこ撃退のネックは縄張り意識の強さ

家と健康を守るためのいたち駆除

動物による被害は、地域によって特徴があります。
特に関西で被害が多いとされているのが「いたち」です。


いたちは体が30cmほどで、尻尾を入れると40cmくらいになる動物です。

いたちの仲間には、オコジョやラッコ、カワウソなどがいます。


顔や姿はかわいらしいのですが、人家に住み着くことなど被害が出ているので、いたち駆除が必要になるのです。

いたちは、雑食のため畑の作物を食べたり、外に置いた生ごみを荒らしたりします。
また、肉食性が強いので外で飼育しているニワトリや魚、ネズミやカエルなども食べます。木登りができるので、家の壁の隙間から侵入して巣を作ることがあります。


壁や屋根裏の断熱材を巣の材料にしてしまいます。


夜行性で、夜中に屋根裏を歩く騒音被害もありますが、一番問題になるのが健康被害です。



野生の動物はいろいろな病原菌を保持している可能性があります。
さらに、糞や尿を屋根裏でするので、天井が腐る、カビが生える、悪臭、ダニ、などの不快な状態となります。

人間や室内で飼育しているペットにアレルギーを発症する心配があるのです。

家と健康を守るためにも、いたち駆除を行います。

YOMIURI ONLINEの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

ここで注意したいのは、メスは捕獲できない決まりになっていることです。



とても凶暴な性格なので捕獲できても手を出すのは危険です。

燻煙剤や忌避剤を使用して追い出しを行うのが安全です。


再び侵入されないように処理をしたり、消臭や殺菌、傷んだ屋根裏の修復などが必要です。

これらのいたち駆除とそれに関わる作業は、高い技術と知識をもったプロに依頼することができます。