ねこ撃退のネックは縄張り意識の強さ

category01

猫は人ではなく家になつく、と良く言われるように家(ホーム)つまり自分の縄張りに強い執着を見せます。

いくら追い払ってもしつこく戻ってくる、ねこ撃退対策を検討する上ではこの縄張り意識の強さを念頭に置くことが重要です。

ねこ撃退情報をピックアップしたサイトです。

猫は自分の尿をまき散らして縄張りを主張するマーキング行為を行います。
猫の日常は縄張りの中で終始するので、エサ場やトイレ、昼寝の場の選定などは特定の範囲の場所に集中するのが一般的です。

自分が安心して行動することのできるゾーンは確保しているのため、多少の脅威を感じたところで別の場所に移動することはあまりありません。

猫にとって居心地の環境を刷新するべく、コンクリートで覆ったりしても猫が寄り付かなくなるとは限りません。
猫は周囲の環境すべてを動物的本能で感得し、安心して生活を送れると判断したからこそ縄張り意識をもって執着しています。
私たちが想像する以上にこだわりが強いのです。
此の点がねこ撃退のネックになっています。猫が嫌いな臭いや音があるのは事実ですが、一度実害がないと経験すればもはや効果は望めません。

NAVERまとめ情報を見つけましょう。

ねこ撃退の抜本策は、猫が慣れることが出来ず、効果が持続する方法を選択することにあります。



猫が習慣化できないほどの不快感を与えることが出来れば、縄張り意識の高い猫といえども寄り付くことはできなくなります。

猫に危害を加えず、人にも不快な影響のない方法として有力なのは猫が嫌う超音波を放出する撃退機です。

猫が寄り付いて尿やフンの悪臭に困っているなら、超音波を利用したねこ撃退機を投入してください。

生活コラム

category02

ねこは、犬と同じく人間のペットとして人気を二分していますが、近年は、ねこカフェやマスコットキャラクターの出現により、ねこブームとなっています。自由気ままな印象と、ネコパンチなどに代表される愛くるしい仕草が人気で、SNSなどを活用して愛猫を紹介している人も多くなっています。...

subpage

身になる知識

category02

本来は山里に住むいたちが住宅地に出没して被害を及ぼすようになっています。いたちは建物のわずかな隙間から侵入し天井裏や断熱材に巣を作り子育てをします。...

subpage

生活の秘訣

category03

いたちは成獣の場合、オスでは30〜40?体重約450g、メスでは20〜30?で体重が約150g程度のサイズにまで成長します。特徴として俊敏性、警戒性、凶暴性が高く、鋭い歯を持つことから、駆除をする場合には、できれば専門業者への依頼がベストな方法となります。...

subpage

生活の特徴紹介

category04

動物による被害は、地域によって特徴があります。特に関西で被害が多いとされているのが「いたち」です。...

subpage